乳首の黒ずみはワセリンでケアできる?効果や使い方は?

ちょっとした傷や乾燥、皮むけ、あかぎれなど、様々な場面で使えるワセリン。となると、乳首の黒ずみにも使えるのかな?という気もしますよね。

今回はそんなワセリンを乳首の黒ずみに塗って改善が見込めるのか、さらに乳首の黒ずみはどうケアするのが正しいのかを解説していくのでぜひ参考にしてみてください。

ワセリンは乾燥対策には最適

ワセリンは大まかに言えば「保湿」をおこなうことができます。ワセリンを塗ることで乳首の表面に油膜を作り、油膜によって乾燥を防ぐことができます。

しかし、ワセリンにできるのは「これだけ」なんです。傷を治したり、黒ずみを薄くする力はありません。

黒ずみには保湿が有効って聞くけど…

確かに黒ずみをケアするためには保湿も重要です。乳首の黒ずみと言うのは下着の擦れなどが原因で「メラニン」という物質が集まってできます。

この「メラニン」を排除するためには「ターンオーバー」が必要で、ターンオーバーを正しくおこなうためには保湿が重要なんですね。

でも、ターンオーバーをサポートするための保湿は「膜を張る保湿」ではなく、「水分を保持する保湿」です。成分で言うならセラミドやヒアルロン酸などで、ワセリンの保湿では特に何も起こりません。

乳首の黒ずみにワセリンを塗るのはあくまで「乾燥対策」として

ワセリンは敏感な肌にも使えますし、非常に便利なアイテムです。しかし、過度の期待はいけません。

乳首の黒ずみをケアするためには「メラニンに有効な成分」を配合したクリームなどを塗る必要があるためです。

ただ、ワセリンは乾燥対策の他に潤滑油として摩擦を減らす効果も期待できます。そもそもが下着と擦れることで黒ずみになるので、普段から乳首にワセリンを塗っておけば黒ずみ予防になります。

乳首の黒ずみは乳首の黒ずみ用クリームで

ワセリンを使って黒ずみをケアしたいと考えていた人にとっては残念な結論になってしまったかもしれません。でも、諦める必要はないですよ!

今は便利な時代で、乳首の黒ずみ用クリームというものがあります。これらには「メラニンに有効」とされる、

  • トラネキサム酸
  • プラセンタ
  • ビタミンC誘導体

などが入っています。ワセリンよりは高価ですが、本気で乳首の黒ずみをケアしたい人はぜひチェックしてみてください。

>>編集部も使ってる!おすすめの乳首黒ずみクリーム3選

編集部も使ってる乳首の黒ずみクリームをご紹介!

乳首の黒ずみをケアする方法はいろいろ言われていますが、最終的には黒ずみクリームに辿り着きます。

スクラブやピーリングは刺激が強くて逆に黒ずみが濃くなってしまうこともあるためです。

日焼けには日焼け止め。

妊娠線には妊娠線クリーム。

といったように、黒ずみには黒ずみクリームなんです。

じゃあどの黒ずみクリームを選べば良いかというと、これまた20種類近く発売されているんですよね。

そこで私たちが実際に使っているクリームを厳選して紹介していくので、ぜひ自分に合った黒ずみクリームを見つけてみてください!

あなたにもきっと合う!乳首の黒ずみクリーム3選!