乳首の黒ずみにリップを塗っても無意味!正しく優しくケアしよう

乳首の黒ずみに「リップ」を塗ることで改善できる、という噂が広まっています。ですが、これにはしっかりとした根拠がありません

今回はそんな乳首の黒ずみにリップを塗る方法はどういう原理なのか、良くならない理由は何か、正しくケアするためにはどうすれば良いのかを解説していくので、ぜひ参考にしてみてください。

リップに黒ずみを治す力はない

乳首の黒ずみは下着の擦れなどの刺激により「メラニン」が集まってできています。このメラニンは顔のシミやくすみと同じなので、顔用の美白美容液と同じような成分でケアしていかないことには綺麗になりません。

リップには当然、美白成分は配合されていないので、黒ずみを治す力はないのです。もし、リップを塗るだけで乳首の黒ずみが治るのであれば顔のシミにリップを塗っても治ることになるので、現実的ではありませんね。

リップは乳首の黒ずみ「隠し」に使える

リップに黒ずみを治す力はないとしても、実は上手な使い方があります。それが「乳首の黒ずみ隠し」。

肘や膝、脇の黒ずみはコンシーラーやファンデーションで隠すことができますが、それと同じように乳首の黒ずみはリップで隠しましょう。

特にゆっくりケアする時間もなく、明日や明後日に友達と温泉に行く、という場合に使います。リップであれば色も自然なピンク色がありますので自分が理想とするピンク色のリップを使いましょう。

ウォータープルーフタイプを使用し、できるだけお風呂では洗わないことが大切です。

乳首の黒ずみをケアするなら美白クリームを

リップは主に保湿作用しかないので、もし乳首の黒ずみを本気でケアしようと思ったら美白成分が入っているクリームを使いましょう。

顔用の美白美容液を持っている人はそれを塗っておいても良いですが、せっかくなら乳首用の黒ずみクリームが望ましいですね。

湘南美容外科が開発に携わっているものや、脱毛サロン大手のミュゼで使われているクリームなど様々あるので、ぜひチェックしてみてください。

>>乳首の黒ずみにおすすめのクリーム3選

ただし、美白リップならアリ

リップの中には美白リップというものがあります。「DHC V/Cホワイトスティック」などはビタミンCが入っているので乳首の黒ずみに塗っても効果は期待できます。

しかしもちろん乳首用ではないので、今から美白リップを買うなら美白クリームの方が良いです。あくまで、今現在美白リップを持っているなら使っても良いと考えると良いでしょう。

乳首の黒ずみにリップは基本、必要なし

乳首の黒ずみが「メラニン」であるという点を理解すれば、おのずと必要なケア方法は見えてきます。リップはあくまで「黒ずみ隠し」として使用し、治したい場合は専用のクリームを使用していくようにしましょう。

編集部も使ってる乳首の黒ずみクリームをご紹介!

乳首の黒ずみをケアする方法はいろいろ言われていますが、最終的には黒ずみクリームに辿り着きます。

スクラブやピーリングは刺激が強くて逆に黒ずみが濃くなってしまうこともあるためです。

日焼けには日焼け止め。

妊娠線には妊娠線クリーム。

といったように、黒ずみには黒ずみクリームなんです。

じゃあどの黒ずみクリームを選べば良いかというと、これまた20種類近く発売されているんですよね。

そこで私たちが実際に使っているクリームを厳選して紹介していくので、ぜひ自分に合った黒ずみクリームを見つけてみてください!

あなたにもきっと合う!乳首の黒ずみクリーム3選!