お尻の黒ずみにトレチノインは使える?使用注意!

顔のシミをケアする方法として大きく話題になっているトレチノインですが、お尻の黒ずみにも使うことができるのでしょうか?

結論から言うと「使えます。」

ただし、トレチノインはやはり医薬品ですし、下手な使い方をしては副作用も出て余計にひどくなったりすることもあります。

また、一緒にハイドロキノンを使った方が良いなど上手な使い方もあるんですね。

今回はそんなお尻の黒ずみにトレチノインを使う際の注意点や上手な使い方を紹介していくのでぜひ参考にしてみてください。

お尻の黒ずみはメラニンなのでトレチノインもOK。ただし…

トレチノインは簡単に言ってしまえばビタミンAです。このビタミンAであるトレチノインを肌に塗ることでターンオーバーが加速され、キレイな肌に生まれ変わるので「顔のシミ対策」などのアンチエイジングに使えると話題になりました。

顔のシミは「メラニン」という物質です。そしてお尻の黒ずみも「メラニン」なので、顔のシミと同じようにトレチノインを使ってケアすることもできると言われているのです。

でも効果が強すぎる

トレチノインは医薬品なのでものすごく効果が強いです。

具体的にはトレチノインを塗ることでまず肌がめくれ、赤くなります。さらにこの時は紫外線に極端に弱くなるため、絶対に紫外線を浴びてはいけません。

さらに人によってはここで炎症を起こし、逆に黒ずみが濃くなってしまったという人もいます。

これらのことから、トレチノインを素人判断でお尻の黒ずみに使用することはあまりおすすめできません。

また、トレチノインを使うならハイドロキノンも使うべき

ハイドロキノンはメラニンとメラノサイトに直接作用して黒ずみをケアしてくれる医薬品です。メラニン黒ずみに対する塗り薬としては最強との呼び声も高いです。

ハイドロキノンとトレチノインは相性も良く、病院でも一緒に処方されることが多いです。

ただ、ハイドロキノンもトレチノイン同様、効果の強い医薬品なので副作用があります。

お尻の黒ずみにトレチノインを使うなら絶対に病院で相談を!

結論として、お尻の黒ずみにトレチノインを使うのはアリです。

でも、以下の点を考慮してみてください。

  • トレチノインを使うならハイドロキノンも使いたい
  • でもどっちも副作用が怖すぎる
  • だからお医者さんに相談してお医者さんと一緒に使用する

特にアトピーや皮膚の治療で、すでにトレチノインを持っている人、ハイドロキノン配合の化粧品を持っている人は自己判断で開始せず、ぜひお医者さんに相談するようにしてください。

お尻の黒ずみにおすすめのクリームBest3

お尻の黒ずみはいつの間にかできていて、発見したときにはかなり濃くなっていることも…。

急いで何とかしなくちゃと間違ったケアをしようとしてませんか?

お尻の黒ずみは余計な刺激を与えることで逆に濃くなってしまうことがあります。

そうならないためにおすすめなのはお尻専用の黒ずみクリーム!

編集部で実際に使用してオススメBest3を紹介するので、ぜひ参考にしながら自分にぴったりのクリームに出会ってください!

あなたにもきっと合う!お尻の黒ずみクリームBest3