【ミュゼ】デリケートゾーンの黒ずみはOK?恥ずかしくても相談すべき!

ミュゼと言えば脱毛において非常に人気を集めている脱毛サロンになります。値段的にも知名度的にも通いやすくて良いですよね、ミュゼ。

しかし、脱毛と言えば気になるのが「黒ずみがあると脱毛できない」という噂です。・・・実はこれは真実です。ちょっと複雑になるので後で解説しますが、黒ずみがあると脱毛を受けられない可能性があるのです。

じゃあ諦めるしかないのかというとそうではありません!今回は黒ずみがあると脱毛ができない理由や、どうすれば良いのかなどを解説していくので、デリケートゾーンに黒ずみがあるけど脱毛はしたい、という人はぜひ参考にしてみてください。

デリケートゾーンに黒ずみがあると脱毛できない理由

脱毛の機械は基本的に毛を「黒いもの」と認識して光やレーザーを放ちます。そして黒ずみの濃さによっては黒ずみを「黒いもの」として認識して黒ずみに向かって照射してしまうのです。

これは脱毛サロンの人が悪いのではなく、そういう機械なので、黒ずみがあると肌が焼けて「やけど」などの危険性があるということです。

そして実は、脱毛の機械が「黒いもの」に反応するかどうかは、機械の種類によって異なります。ミュゼの機械はどうなのでしょうか?

ミュゼの脱毛方式は「光脱毛」だから黒ずみNG

残念ながら…ミュゼでは黒ずみがひどすぎる場合、脱毛することはできません。ミュゼでは「光脱毛」という方式を取っているので「黒いもの」に反応して脱毛をしていくためです。

ただ、無料カウンセリングで聞く価値はある

どのくらいの黒ずみの濃さなら大丈夫なのか?という質問は、ここでは答えられません。なぜなら実際に黒ずみの濃さを見ないことにはハッキリと言えないためです。

もし自分が脱毛する側の人で「黒ずみがあるとヤケドの恐れがある」とわかっていたら、多分薄めの黒ずみのお客さんが来ても念のためお断りするのではないでしょうか。

黒ずみがあったら脱毛を諦めるしかないのか…これはNO!

黒ずみがあったら脱毛できないのかというと、そうではありません。「黒いもの」に反応する機械が使えないというだけで、別の脱毛機器を使っているところであれば脱毛することができます。

例えば電気脱毛(ニードルなど)、蓄熱式脱毛では日焼けや黒ずみがあっても脱毛することが可能です。残念ながらミュゼでは光脱毛しかないので、黒ずみがひどかったら脱毛することはできませんが、別の場所なら可能ということです。

どうしてもミュゼが良いなら黒ずみをケアしてから

ミュゼは上記のように値段の安さが非常に魅力的なので、どうしてもミュゼが良いという場合もありますよね。無料カウンセリングで黒ずみがあっても脱毛可能か聞いてからでも良いですが、無理そうと思う場合は先に自分でケアしてから行くという手があります。

これには黒ずみクリームのアットベリーがおすすめです。アットベリーはミュゼでも使われている黒ずみクリームなので、信頼感も抜群。編集部でも使っていますが、デリケートゾーンでもしみたり荒れたりせずに黒ずみをケアすることができます。

値段も安くて良い香り、乳首や肘膝にも使える万能タイプなので、ぜひチェックしてみてください。

>>アットベリー公式サイトを見てみる

黒ずみがあっても今すぐ脱毛したいなら脱毛クリニックがおすすめ

途中でも紹介しましたが、黒ずみがあっても脱毛できるのは電気式や蓄熱式です。これはちょっと痛いので無理にとは言いませんが、本気で急いでいるなら電気式や蓄熱式しかありません。

例えばレジーナクリニックなどは、普段は「黒いもの」に反応するレーザーですが、黒ずみがあるお客さんには蓄熱式の脱毛をしてくれます。

>>レジーナクリニックの公式サイトを確認してみる

結論:黒ずみがあるとミュゼでは脱毛できない!

ちょっと複雑だったかもしれませんが、お分かりいただけたでしょうか。これは決してミュゼが悪いわけではありません。「光脱毛」自体がそういった仕組みなので仕方のないことなのです。

ほとんどの脱毛サロンでは「光脱毛」なので、もしデリケートゾーンに黒ずみがあっても今すぐ脱毛したい場合は、「光脱毛」「レーザー脱毛」以外をおこなっている脱毛クリニックを探してみると良いでしょう。

急いでいない場合は今回紹介したような黒ずみクリームを使って黒ずみをケアしていき、来シーズンくらいに自信をもって脱毛しに行く、というのがおすすめです。

編集部も実際に使ってるデリケートゾーンの黒ずみクリームをご紹介!

デリケートゾーンの黒ずみをケアする方法はいろいろ言われていますが、最終的には黒ずみクリームに辿り着きます。

スクラブやピーリングは刺激が強くて逆に黒ずみが濃くなってしまうこともあるためです。

日焼けには日焼け止め。

妊娠線には妊娠線クリーム。

といったように、黒ずみには黒ずみクリームなんです。

じゃあどの黒ずみクリームを選べば良いかというと、これまた20種類近く発売されているんですよね。

そこで私たちが実際に使っているクリームを厳選して紹介していくので、ぜひ自分に合った黒ずみクリームを見つけてみてください!

あなたにもきっと合う!デリケートゾーン黒ずみクリーム3選