デリケートゾーンのにおいの原因は?原因を知って上手に対処

デリケートゾーンの悩みは黒ずみやかゆみと様々ありますが、中でも気になるのが「におい」の悩みですよね。他はまだ隠せるので良いとしても「におい」はなかなか隠せません。

そこで今回はデリケートゾーンのにおいがきつくなってしまう原因を紹介していくので、自分に当てはまりそうなものを見つけて上手に予防していきましょう。

デリケートゾーンのにおいがキツくなる原因

  • 雑菌によるもの
  • 病気や感染症
  • 食事
  • スソワキガ

デリケートゾーンのにおいがきつくなる原因はいろいろありますが、最も多いのは「雑菌」によるものです。この雑菌が繁殖する原因には汗・オリモノ・経血・尿・垢などがあります。

次に性病などを含む感染症です。感染症は「かゆみ」を引き起こすものとして考えられがちですが、実はにおいの方が強く現れます。

その他、稀ではありますが食事が原因のことやスソワキガが原因なことなどがあります。以下でもう少し詳しく見ていきましょう。

雑菌によるにおい

デリケートゾーンのにおいで最も多いのがこの「雑菌」によるものです。上記でも書きましたが汗・オリモノ・経血・尿・垢などを栄養として雑菌が繁殖し、悪臭が発生します。

さらに雑菌が繁殖しやすい高温多湿な場所なので、これを防ぐのは至難の業です。しかし、対処法は簡単で、とにかく常に清潔にしていることが大切になります。

下着やオリモノシートをこまめに変える、ウォシュレットで洗うなどが良いでしょう。

病気や感染症によるにおい

次に多いのが感染症によるものです。においだけでは判断できず、かゆみやオリモノの変化に気を配る必要がありますが、

  • 細菌性膣炎
  • カンジダ
  • トリコモナス膣炎
  • 子宮頸がん
  • 子宮内膜炎
  • 淋病

異常に匂いが強かったり、かゆみ、オリモノがおかしいと感じたら病院に行った方が良いです。

食事によるにおい

こちらは稀となりますが、

  • 肉類
  • 香辛料
  • ニラ
  • にんにく
  • アルコール

を食べたときにデリケートゾーンに匂いが発生することがあります。本来はデリケートゾーンだけでなく体全体から発生するのですが体質と割り切るしかありません。

これに当てはまる人は大切な日にはそういった食べ物を控えるようにしましょう。

スソワキガによるにおい

スソワキガとは、いわゆる「デリケートゾーンのワキガ」です。脇が臭くなるのと同じ原理でデリケートゾーンが臭くなるもので、酸っぱいにおいやネギのようなにおいが特徴です。

スソワキガを確実にケアしようと思ったら湘南美容外科などのクリニックを利用するのがおすすめです。

原因によって対策はわかれる

上記4つが主なデリケートゾーンのにおいの原因となります。基本は雑菌ですから、当サイトでも紹介しているケア方法で十分でしょう。

ただし、病気が疑われる場合やスソワキガが疑われる場合は自力よりもクリニックでの治療が望ましいので、まずは自分がどの原因でにおいを発してしまっているのかをしっかり確認しましょう。

デリケートゾーンのにおいを抑えるならこの2つ!

デリケートゾーンのにおいを何とかしたい!!

そんな時は病院に行くのが最も手っ取り早いですが、なかなか病院でデリケートゾーンを見てもらうのは勇気がいります。

そこでおすすめなのが自分でしっかりケアできるイビサブランドのデリケートゾーン用ソープとデオドラント!

イビサブランドは東京の脱毛サロンが発売しているので非常に信頼できます。

また、返金保証もしっかりしているブランドなので安心して買い物できますよ。

何がどう良いのか、おすすめの点をまとめてみたのでデリケートゾーンのにおいが気になっている人はぜひチェックしていってください!

デリケートゾーンのにおい対策に使えるイビサブランド2つ!