デリケートゾーンの黒ずみの原因は?予防にも改善にも役立てて!

デリケートゾーンは大切な人にしか見られない部分ではありますが、だからこそ非常に大切な部分だったりします。やっぱり男性から見ても自分から見ても黒ずんでいるデリケートゾーンなんて絶対に嫌ですからね。

ここではデリケートゾーンの黒ずみをしっかり予防改善していくために重要な「黒ずみの原因」について解説していきます。それぞれの生活スタイルによっても原因は変わってくるのでしっかり見極めて原因を特定していきましょう。

デリケートゾーンはどうして黒ずむの?

デリケートゾーンが黒ずむのにはしっかりとした理由があります。まず、黒ずみの原因は「メラニン」という人間が作り出す物質です。聞いたことのある方も多いかもしれませんが、日焼けしたときに黒くなるのとまったく同じ理由ですね。

日焼けで言うならば紫外線の刺激から肌を守るためにメラニンを作りますが、このメラニン自体が黒いために肌まで黒くなってしまいます。これをデリケートゾーンに置き換えると、デリケートゾーンに来る刺激から守るためにメラニンが生成されて黒ずんでしまうということです。

つまり、デリケートゾーンに来る刺激こそが黒ずみの原因というわけですね!その刺激というのが、

  • 下着やビキニなどの擦れ
  • ナイロンタオルでゴシゴシ洗っている
  • カミソリや毛抜きによる毛の処理
  • 脱毛による刺激

などが挙げられます。これらは肌に直接刺激が加わってしまうので、どうしても肌を守るためにメラニンを作らなければいけなくなります。

さらに黒ずみを加速させるターンオーバーの乱れ

waki309

通常、これらの原因で黒ずみ(メラニン)ができてしまったとしてもターンオーバーがあればメラニンを押し出して綺麗な肌にすることが可能です。ターンオーバーとは肌の生まれ変わりのことで、肌の奥でできる新しい皮膚がメラニンを含めて徐々に表面に出てきて綺麗な肌にしてくれます。

このターンオーバーは約1ヵ月周期でおこなわれるのが普通ですが、栄養が行き届いていなかったりホルモンバランスだったり加齢だったり、様々な要素で遅れてしまいがちです。

そうしてメラニンが排出されず刺激がさらに加わってメラニンが蓄積してしまうことを「色素沈殿」と言います。こうなると立派な黒ずみの出来上がりで、なかなか解消しにくい黒ずみになっていってしまいます。

デリケートゾーンの黒ずみの原因はメラニンとターンオーバーの乱れ!


なんと言っても大切なのは黒ずみが「メラニンである」「ターンオーバーが乱れている」という2点を理解していることです。これをわかっていないと予防も解決も間違った方向に進んでしまうんですね。

すでに間違ったケア方法を試している方もいるかもしれませんが、それも黒ずみの原因となってしまうので失敗しないために1つ1つ見ていきましょう。

過度なケア

黒ずみを消そうと思ってゴシゴシしちゃってませんか?メラニンだと思わずにピーリングやスクラブをやってしまっていませんか?

これはどれも黒ずみを作ってしまうので要注意です。メラニンは刺激から肌を守るために生成されるので、酸で肌を新しくするピーリングも粒子で肌を削るスクラブも適してはいません。もし本気でデリケートゾーンの黒ずみをケアするなら、今すぐにこれはやめましょう。

間違った毛の処理

おそらくカミソリでの毛の処理が何となくダメかな、という認識はあるかもしれませんが、毛抜きもNGですよ。カミソリでの黒ずみか毛抜きでの黒ずみかは見ればすぐにわかるのですが、カミソリで黒ずんでいる場合はカミソリの通った跡が黒ずみ、毛抜きだと毛穴が盛り上がって黒ずみます。

どっちも見た目に美しくないので今すぐやめましょう。もし毛を処理するのであれば男性が髭剃りに使うシェーバーがおすすめです。シェーバーであれば肌に触れることなく毛を切ってくれるので、肌への刺激はほとんどなく黒ずみもできません。

デリケートゾーンの黒ずみは理由があってできています!

生まれつき黒いなんてことはありません。残念ながら、ここまで紹介したような普段の生活によって徐々に黒ずみができてしまっているのです。

メラニンを消す方法としては「ターンオーバー」か「医薬品のハイドロキノン」か「手術」のいずれかになります。一番手軽なのが「ターンオーバー」ですが、そのためにはビタミン類を多く摂取したり、黒ずみ用のクリームを塗る必要があります。

ハイドロキノンは副作用がある分、効果はしっかりしています。ただし、市販品は使い方を間違えると肌色すら失われて白斑になる可能性があるので医師の指示に随いましょう。

ちなみに・・・遊んでるから黒いはウソ!!

よく男性の間では「あいつは黒ずんでるから遊んでる」なんて言われたりしてしまいますが、それは真っ赤な嘘です。遊んでなくても黒ずみます。何なら処女だって黒ずみます!!これは下着だったり、そもそも擦れやすい場所であるため本当に仕方ないことなんです。

たしかに遊んでれば刺激が多いので黒ずみますが・・・そんな全員が全員遊んでるわけじゃないので、黒ずみだけで遊んでるとは思われたくないですね。

もし今までそういわれたことがある場合は、今回の記事のように説明すれば大丈夫なので、ぜひ誤解を解いてやってくださいね!

編集部も実際に使ってるデリケートゾーンの黒ずみクリームをご紹介!

デリケートゾーンの黒ずみをケアする方法はいろいろ言われていますが、最終的には黒ずみクリームに辿り着きます。

スクラブやピーリングは刺激が強くて逆に黒ずみが濃くなってしまうこともあるためです。

日焼けには日焼け止め。

妊娠線には妊娠線クリーム。

といったように、黒ずみには黒ずみクリームなんです。

じゃあどの黒ずみクリームを選べば良いかというと、これまた20種類近く発売されているんですよね。

そこで私たちが実際に使っているクリームを厳選して紹介していくので、ぜひ自分に合った黒ずみクリームを見つけてみてください!

あなたにもきっと合う!デリケートゾーン黒ずみクリーム3選