デリケートゾーンのかゆみはマキロンで消毒しておさまる?

傷口の消毒と言えば最も有名なのが「マキロン」ではないでしょうか。そんなマキロンをデリケートゾーンに塗ることでかゆみを抑えらえるのではないか、という話が一部から聞かれます。

確かにデリケートゾーンのかゆみの中には細菌性のものもありますからね。

しかし、結論から言うとマキロンではデリケートゾーンのかゆみはおさまりません。それどころかカンジダになったり肌荒れを起こすことがあって危険です。

今回はマキロンをデリケートゾーンに塗ってもかゆみが抑えられない理由や危険性を紹介して、正しいケア方法を紹介していくので、ぜひ参考にしてみてください。

マキロンの使い方や効果

すでにご存知かと思いますが、マキロンの効果は以下の通りです。

切傷、すり傷、さし傷、かき傷、靴ずれ、創傷面の殺菌・消毒、痔疾の場合の肛門の殺菌・消毒

引用:マキロン公式

殺菌や消毒が主ですね。デリケートゾーンのかゆみを改善する為にマキロンを塗るということはかゆみの原因が「菌」でないとつじつまが合わなくなります。

デリケートゾーンのかゆみの原因は何なのか

デリケートゾーンの原因はいろいろあります。

  • 汗やオリモノのムレ
  • 不衛生
  • 乾燥によるかゆみ
  • 炎症
  • カンジダなど

例えばムレの人が消毒しても意味ないですし、カンジダにも効きません。(カンジダはカビのため)

ですから、ほとんどの場合マキロンを使ってデリケートゾーンのかゆみが良くなることはないのです。

消毒・殺菌系の薬をデリケートゾーンに塗ると危険

デリケートゾーンと言ってもVIO、お尻、ビキニラインと様々ですが特に粘膜(膣など)を消毒するのは危険です。膣には良い菌が住んでいて、その菌のお陰で清潔が保たれています。

仮にマキロンで消毒して良い菌が殺菌されてしまった場合、すぐにカンジダや細菌性の炎症を引き起こすことでしょう。

マキロンの使用説明には「肛門の消毒」となっているので粘膜に使用できそうな気もしますが、膣の場合は自浄洗浄力が無くなってしまうので避けたほうが良いでしょう。

デリケートゾーンのかゆみを抑えるには原因を特定することが大切

まずマキロンはデリケートゾーンのかゆみを抑えることには使えないので、忘れてしまってください。次に、正しいケアをおこなうためになぜかゆいのかを特定します。

乾燥なら保湿だし、不衛生なら清潔に、アレルギー性なら下着や石鹸を変えます。このようにひとえにかゆみと言っても原因によって対処法が違うので、しっかり見極めることが大切!

関連記事:デリケートゾーンのかゆみの原因は?

自分で見極めるのが難しい場合は病院に行くことで適切に診断して市販薬より良い薬を処方してもらえるので、恥ずかしがらず医師に相談しましょう。

常備で安心!デリケートゾーンのかゆみを抑える市販薬!

デリケートゾーンがかゆくてどうしようもないときって誰にでもあります。

原因は様々ですが、特にオリモノや匂いに変化がない場合は一過性なことが多いです。

そんな時、かゆみを鎮めるのに便利なのが市販薬。

根本的に治すというよりは「一時的に抑える」という意味合いが強いですが、かゆくてどうしようもなくなった時のために1つ常備しておくと心強いです。

大抵はどこのドラッグストアでも売っているので、次のページを参考にしながら自分にあった市販薬を見つけてみてください。

デリケートゾーンのかゆみに使う市販薬まとめ