デリケートゾーンにかゆみがあって臭い!何かの病気?

デリケートゾーンのかゆみには実は様々な種類があります。なぜかゆいのかを判断することで正しいケア方法を見つけることができますが、その判断方法の1つが「臭い」です。

今回はデリケートゾーンに「かゆみ」と「におい」がある場合に疑われる疾患や対処法を紹介していくので参考にしてみてください。

デリケートゾーンに匂いとかゆみがある場合に疑われるもの

 

まずかゆみと臭いがある場合には以下を疑うことができます。

  • 細菌性膣炎
  • トリコモナス

上記2つのうちでも多いのが前者の細菌性膣炎という疾患です。かゆみはそこまで強くなく、オリモノは水っぽい感じで臭く感じます。

トリコモナスは尋常じゃないくらいかゆいのですぐにわかると思います。

他の疾患はこんな感じ

気になる人もいると思うので他の疾患の特徴も挙げておきます。

  • 子宮頸がん…オリモノは臭いがかゆくはない、血尿や血便など
  • 子宮内膜症…痛みもかゆみも特にないが腹痛
  • 淋病…オリモノは臭いがかゆくはない
  • カンジダ…かゆくはなるがそこまで臭くはない
  • クラミジア…オリモノが緑色で臭い、かゆくはないがオリモノ増加や腹痛がある
  • 細菌性膣炎…かゆみを感じオリモノが臭くなる
  • トリコモナス…強いかゆみがありオリモノが臭くなる

こうして見るとかゆみと臭さが相まっているのはやはり「細菌性膣炎」と「トリコモナス」であることがわかります。

細菌性膣炎もトリコモナスも基本は病院へ

細菌性膣炎の場合は膣内洗浄や膣剤を使用します。単純に膣内の良い菌が細菌に負けている状態なので正しく治療すれば重症化はしません。

トリコモナスは経口薬や膣剤を使用して治療します。こちらも早めに治療を開始すれば問題なく治るので病院で診てもらいましょう。

デリケートゾーンのかゆみと臭いを予防するには

細菌性膣炎は性病ではないので普段の生活で予防することができます。免疫力が下がると発症しやすいので、

  • ストレスをためない
  • 過度なダイエットをしない
  • 膣内を洗わない
  • ナプキンやオリモノシートをこまめに変える

これらを徹底しましょう。

トリコモナスについては性病なのでコンドームを付ける、公共の水場では細心の注意を払う、などの対策が必要です。

かゆみと臭いが別々の原因なこともある

ここまで解説してきた細菌性膣炎とトリコモナスですが、実はもっと複雑な原因でかゆみと臭みを発生させていることもあります。

例えばかゆみには、

  • アレルギー性のかゆみ
  • 接触性皮膚炎
  • ムレによるかゆみ
  • 乾燥によるかゆみ

など、何の病気でもない「皮膚疾患」があります。

臭いの場合は上記でも紹介したように、淋病やクラミジアなどがあります。淋病はかゆくないけどオリモノが臭い。

つまり、本来はかゆくないはずの淋病の人が接触性皮膚炎も発症していれば「かゆくて臭い」という状況になってしまうんですね。

細菌性膣炎は免疫力が戻れば自然に治癒することもありますが、今回の記事だけで安易に細菌性膣炎と決めつけずに、まずは病院にいくことをおすすめいたします。

常備で安心!デリケートゾーンのかゆみを抑える市販薬!

デリケートゾーンがかゆくてどうしようもないときって誰にでもあります。

原因は様々ですが、特にオリモノや匂いに変化がない場合は一過性なことが多いです。

そんな時、かゆみを鎮めるのに便利なのが市販薬。

根本的に治すというよりは「一時的に抑える」という意味合いが強いですが、かゆくてどうしようもなくなった時のために1つ常備しておくと心強いです。

大抵はどこのドラッグストアでも売っているので、次のページを参考にしながら自分にあった市販薬を見つけてみてください。

デリケートゾーンのかゆみに使う市販薬まとめ