カンジダ?デリケートゾーンのかゆみはオリモノをチェック!

感染性のデリケートゾーンのかゆみで最もオーソドックスなのが「カンジダ症」です。カンジダは特別なものではなく、5人に1人がなるような疾患です。

しかもかゆみが出ていないだけで「カンジダ菌」は誰しもが持っています。今回はそんなカンジダ症によってデリケートゾーンがかゆい場合の対処法、ケア方法、予防方法などを解説していくので、ぜひ参考にしてみてください。

カンジダ症の見分け方:オリモノチェック

カンジダの見分け方としてはすでに有名な方法ですが、簡単に紹介しておきます。

  • かゆみ:強い
  • オリモノ:ポロポロとして酒かす状(カッテージチーズ状・ヨーグルト状)で白い
  • におい:特に変化なし
  • ただれ:膣に近付くにつれて赤いただれ

上記が当てはまればカンジダ症が疑われます。逆に悪臭がするようだと別の疾患が当てはまることもあります。

カンジダになりやすい状態がある

  • 免疫力が落ちたとき
  • 風邪をひいているとき
  • 抗生物質を服用しているとき
  • 生理前でホルモンバランスが乱れたとき
  • 膣内を下手に洗ってしまったとき
  • 下着で蒸れて高温多湿になったとき
  • ナプキンやオリモノシートをこまめに替えていないとき
  • 性交により傷がついたとき
  • 手や指の雑菌が繁殖したとき

どれも普段の生活で当たり前のような状況ですよね。急に強いかゆみが起きてオリモノが変化し、上記が当てはまればカンジダ症を疑いましょう。

かゆみが軽いカンジダの対処法

カンジダ症になりはじめの時はかゆみが軽いです。かゆみが軽い場合は、

  • デリケートゾーンの通気性を良くする
  • デリケートゾーンは軽く洗う
  • 睡眠をしっかりとる

これだけでも免疫力で良くなることがあります。

かゆみが強いカンジダの対処法

かゆみが強いカンジダの場合はかなり進行しているので自分で治すか病院でいくかを決めましょう。

  • 市販薬で自分で治す
  • 病院で診察を受ける

市販薬の場合は「カンジダ」にしか効かないので、もしカンジダじゃない場合には効果がありません。また、カンジダを何度も再発させていると市販薬が使えなくなります。

一方病院ではデリケートゾーンを見せなければならないデメリットがありますが、しっかり検査できますし正しい薬を処方してもらえるので確実で速やかに改善が可能です。

病院での検査内容や料金は?

カンジダ症の検査内容は基本的にオリモノの採取になります。それでカンジダだとわかれば薬が処方されます。保険も適用でき約3000円ほどです。

市販薬の場合は保険が効かないので4000円くらいになります。

カンジダは正しくケアすればすぐに治ります!

初めてカンジダになった人は落ち込んでしまうかもしれませんね。しかし、カンジダは性病とは違うのであまり落ち込む必要はありませんよ!

どちらかというとカビの一種で、性病とは違う微生物によるものです。だからステロイドや普通の抗生剤ではなく専用の真菌剤というものでケアしていきます。

やはり病院にいくことが最適なので、あまりにも強いかゆみにオリモノの変化が見られたらすぐにでも病院で治療を受けるようにしましょう。

常備で安心!デリケートゾーンのかゆみを抑える市販薬!

デリケートゾーンがかゆくてどうしようもないときって誰にでもあります。

原因は様々ですが、特にオリモノや匂いに変化がない場合は一過性なことが多いです。

そんな時、かゆみを鎮めるのに便利なのが市販薬。

根本的に治すというよりは「一時的に抑える」という意味合いが強いですが、かゆくてどうしようもなくなった時のために1つ常備しておくと心強いです。

大抵はどこのドラッグストアでも売っているので、次のページを参考にしながら自分にあった市販薬を見つけてみてください。

デリケートゾーンのかゆみに使う市販薬まとめ