洗いすぎるとデリケートゾーンにかゆみが出る!?優しく洗おう

デリケートゾーンの洗い方って誰にも習わないので、自己流なことが多いかと思います。そうなると「洗いすぎはどこからなのか」という点も論点になりそうですが、洗いすぎはデリケートゾーンのかゆみを引き起こすので注意が必要です。

どうして洗いすぎるとかゆみが出てしまうのかを知ると正しく洗ったり、正しくケアすることができるようになるので、ぜひ参考にしてみてください。

デリケートゾーンを洗いすぎてかゆくなるのは2種類ある

デリケートゾーンを洗いすぎてかゆみが出た場合は以下の2つのうち、どちらかの理由でかゆみが出てしまっています。

  • 洗いすぎによる乾燥・肌バリアの低下によるかゆみ
  • 洗いすぎて自浄洗浄機能が低下し、感染症を引き起こしている

それぞれもう少し詳しく見てみましょう。

洗いすぎによる乾燥・肌バリアの低下によるかゆみ

まずは洗いすぎによる乾燥ですが、この場合は「膣の中」までは洗っていないことが前提です。VゾーンやIゾーンの辺りを石鹸やボディソープでゴシゴシ洗ってしまってはいないでしょうか?

洗いすぎることによって肌の保湿因子が流され、デリケートゾーン周辺が乾燥してかゆみを引き起こしている可能性があります。

また、洗い方よりも石鹸やボディソープが強すぎる可能性もあります。石鹸やボディソープに以下のような成分が入っていたら要注意。

  • 石鹸素地⇒肌への刺激は少ないが洗浄力が高い
  • ラウレル硫酸・ラウレス硫酸⇒肌根の刺激が強く洗浄力も強い

これらの成分はデリケートゾーンを洗うには強すぎます。大丈夫な人もいますが、他に何の原因も見当たらない人はデリケートゾーン用の石鹸やソープを使ってみると良いかもしれません。

洗いすぎて自浄洗浄機能が低下し、感染症を引き起こしている

更に重症なのは「膣の中」まで洗ってしまっている場合です。膣の中には「自分を綺麗に保ってくれる菌」が住み着いています。

この菌が膣内を弱酸性に保ち、細菌や雑菌から膣を守ってくれています。膣の中まで石鹸やボディソープで洗ってしまうことによってこの「良い菌」が流されてしまい、細菌に感染してかゆみを引き起こしている可能性があるということです。

膣の中は基本的に洗わなくて大丈夫ですが、どうしても洗いたい場合は「膣内洗浄専用」のアイテムを使用するようにしましょう。

洗いすぎでデリケートゾーンがかゆい人は今すぐ見直そう

まとめとなりますが、今まで洗いすぎてたなと思う人は以下のように工夫してみましょう。

  • デリケートゾーン専用の石鹸やソープを使ってみる
  • 膣の中は洗わない

これだけでも十分よくなるはずです。1カ月近く続けてみても良くならない場合は他の原因も考えられるので自分がどんな原因でかゆみを引き起こしてしまっているのかを見極めて上手にケアしていきましょう。

常備で安心!デリケートゾーンのかゆみを抑える市販薬!

デリケートゾーンがかゆくてどうしようもないときって誰にでもあります。

原因は様々ですが、特にオリモノや匂いに変化がない場合は一過性なことが多いです。

そんな時、かゆみを鎮めるのに便利なのが市販薬。

根本的に治すというよりは「一時的に抑える」という意味合いが強いですが、かゆくてどうしようもなくなった時のために1つ常備しておくと心強いです。

大抵はどこのドラッグストアでも売っているので、次のページを参考にしながら自分にあった市販薬を見つけてみてください。

デリケートゾーンのかゆみに使う市販薬まとめ