【レビュー】アットベリーの使用感や効果を実際に使って評価!

アットベリーは黒ずみクリームの中でも1、2を争うくらい口コミが良く、編集部でもかなり気に入って使用しているクリームです。成分も良いですが、最もおすすめなポイントとしては「続けやすさ(値段)」と「匂い」ですね。

今回はそんなアットベリーを実際に使用してレビューしているので、デリケートゾーンや乳首の黒ずみをケアするクリームを探している人はぜひ参考にしてみてください。

簡単に言うとアットベリーはどんなクリーム?

アットベリーは「水溶性プラセンタ」を有効成分としているので、「ターンオーバー」をサポートして黒ずみの原因である「メラニン」を外に押し出してくれます。

この茶色い部分が黒ずみで、これを肌の奥から押し出してくれるイメージです。医薬部外品にも認定されているクリームなので効果に関しては改めて説明する必要はないですよね♪

あとは黒ずみと同時に匂いもケアしてくれる効果が期待できます。これが地味に嬉しい効果で、乳首やデリケートゾーンの黒ずみに加え、匂いに悩んでいる場合には持って来いなクリームです。

デリケートゾーンにも使えるの?

デリケートゾーンは名前の通りデリケートなので、肌に優しいクリームしか使えません。アットベリーは元々が敏感肌用に作られているのでデリケートゾーンにも使用することができます。

もちろん粘膜(膣)にはつかないようにする必要がありますが、そこはクリームタイプなので安心です。逆に美容液のような液タイプは粘膜に付きやすいのでおすすめできません。

それではアットベリーをレビューしていきます!

まずアットベリーはジャータイプ。ここはチューブタイプに比べると少し残念ですが、衛生的に気になる人はスパチュラを使用します。

でもそのかわり、黒ずみクリーム全体を見ても最大量の60g入っているのでプラスポイントです。

デリケートゾーンに塗る場合は黒ずみが気になる部分(Vライン・Iライン・Oライン)に塗ります。ちなみに乳首の黒ずみもメラニンなので使ってOKです。今回は写真の都合で手の甲になりました。

伸びも良く、1つあればかなりもちます。デリケートゾーンや乳首だけなら2~3ヵ月もつかもしれません!(編集部では膝の黒ずみにも塗ってるので1カ月半~2ヵ月)

あとなんと言っても良いのが「匂い」!!嫌味のないローズの香りで、非常に心地良いです。10種類以上の黒ずみクリームで比較しても断トツで良い香り。

また、容器も可愛いので洗面台や化粧台に置いておいても黒ずみケア用品だとは思われません♪

あと配送されてくるときも黒ずみケア用品とは思われませんよ。

使って分かったアットベリーの良いところ・悪いところ

アットベリーの良いところは、

  • 値段が安い(後述)
  • 量が多い
  • 匂いがすごく良い
  • 成分が理にかなってる
  • 容器が可愛い
  • 肌に優しい

逆に悪いところは、

  • 容器がジャータイプ(好みがあるかも)

くらいなもんです。初めて黒ずみクリームを買ってみるという人には、ぜひ最初の黒ずみクリームとしておすすめしたいですね!

値段や回数、返金保証は?

アットベリーの値段は、

  • 定期購入:初回2980円、2回目:5440円
  • 単品購入:6800円+送料

もともとは定期購入の初回が4800円だったので実質2000円くらい安くなりました。また、定期購入は最低2回だけの継続であとは継続も解約も自由なので経済的な負担にはなりません。

さらに返金保証が180日もついているので、もし肌に合わなかった、何の変化もなかったという場合は返金を利用することもできます。

量・値段・返金保証から考えても非常にコスパの良いクリームとなっています。

最後に、アットベリーを上手に使うコツ

アットベリーはターンオーバーをサポートして黒ずみをケアしていくので、一朝一夕で良くなることはありません。ターンオーバーは年齢や個人差により30日~45日くらいの時間がかかるためです。

なので、1回で大量に塗るよりも適量(または少量)を長期間塗ったほうが効果を実感しやすいです。

また、デリケートゾーンの黒ずみは下着の擦れやオリモノの刺激などで日々作られてしまうので、クリームを塗る以外にも黒ずみを予防する行動が必要です。

  • 締め付けの強くない下着をはく
  • ナプキンやオリモノシートはこまめに変える
  • 刺激のあるケア(スクラブやピーリング)はしない
  • 自転車にはクッションを敷く
  • 毛抜き・毛剃りはなるべくしない

これを守らないといつまでもクリームを塗らなくてはいけなくなります。アットベリーと上記予防を徹底し、なるべく早めに黒ずみをケアして綺麗な肌を取り戻していきましょう!